入れ歯

入れ歯は、歯を失った場所を補う、取り外しできる人工の歯です。

入れ歯で、安心して通える川口元郷の歯医者さんを目指しています

総入れ歯

すべての歯(または歯冠部)がない場合に用います。

部分入れ歯

歯がなくなったところにだけ用います。残っている歯にはクラスプというバネをかけます。歯が1本だけない場合も、1本しかない場合も作れます。

入れ歯のメリットとしては、残っている歯を削ったりする必要が比較的少ないことがあげられますが、デメリットとしては、異物感が大きく装着感が悪いこと、出し入れして洗浄しなければならないこと、クラスプが悪目立ちする、などが挙げられます。

保険の義歯の異物感や、クラスプ(バネ)の銀色が目立つのが嫌、という患者様には、自費の入れ歯を作ることができます。

金属床義歯 自費 粘膜に接する土台(床といいます)が金属なので、
床を薄くすることができ、違和感が少ない。
¥400,000(税抜)~
ノンクラスプ義歯 自費 クラスプが歯肉の色と同じなので、目立ちにくく適合も良い。
しかし、咬合力に劣るため、主に前歯部の部分床義歯に対応。
¥150,000(税抜)~

歯を失ってしまったら、入れ歯か、ブリッジか、インプラントか、経済面も含めて、患者様の多くはどれを選択すべきかお悩みのことと思います。
当院では、丁寧なカウンセリングを行い、患者様にとって最良の口腔環境をつくるための努力を惜しみません。ご遠慮なく、相談して下さい。